トップページ > 柴犬ってどんな犬? >  柴犬の歴史

柴犬の歴史

柴犬は縄文時代から人間と共に猟をし、生活してきた日本古来犬。
遺跡から発掘された犬の骨、土偶や埴輪の犬は、今いるの柴犬の立ち耳、巻き尾の面影を残しています。
絶滅した「越の犬」や、長野県に現存する「川上犬」も柴犬の一種です。

柴犬の名前の由来

3464380538_3a777e4304_o.jpg
柴犬の名前には由来の諸説があり、古語でシバ=「小さい」という説
また毛色が枯れた芝生の「芝」の色に似ているという説
さらに木の枝でつくった柴の垣根を巧みにくぐり抜けて獲物を追っていたからと考える説があります。

昔から本州を拠点に日本各地で飼われ、古くからキジなどの野鳥や野ウサギなどの小動物の狩猟補佐、番犬などに長く用いられてきた犬である。
第二次世界大戦前後の食糧難の時代に裏で食料として捉えられたり、
犬ジステンパーの大流行で一時期頭数が減少した事もある。

このページのトップへ↑

国の天然記念物へ

柴犬は昭和11年に天然記念物として指定されました。
今や日本のどこでもみかけるポピュラーな犬種となっています。
また、最近ではアメリカ合衆国を中心に「SHIBA-KEN」として海外でも絶大な人気を得ています。 海外にはすでに柴犬のブリーダーがいくつも存在します

このページのトップへ↑