トップページ > 柴犬の子犬の探し方 >  子犬を迎えるタイミング

子犬を迎えるタイミング

子犬を迎える準備・環境全て整い、さあ迎えにいこう!と思いたくなりますがちょっと待って!

その子犬は生後どれくらいですか?「かわいいから」とまだ離乳食もできてない小さな子をお迎えしようとしていませんか?

お迎えの日は忙しい仕事の合間などではありませんか?
お迎えしてすぐ家族がいないという日を選んではいけません。
また、夜遅かったりしてもいけません。

子犬を迎えるタイミングは、子犬が外環境に対応しはじめる生後2~3ヶ月かつ
その日一日を子犬のために家族が費やせる日がベストです

子犬は生後2~3か月で迎えるのがベスト!

柴犬.jpg
犬は群れで生活する生き物で、無駄な争いを避けるために、犬同士のコミュニケーション能力を発達させてきました。「社会化」と言います。

このコミュニケーション能力は母犬や兄弟犬と一緒に過ごすことによって学んでいきます。
兄弟犬同士がじゃれることや親犬から叱られる事で学んでいきます。
このように、子犬が社会に馴染んでいく一連の流れを「社会化」といいます。
この社会化に大切な時期が生後2~3ヶ月にあたります。

この時期より早く親元から離された子犬は噛む加減もわからない、人間とどう接すればいいのかわからない、無駄吠えが多いetc育てるのが難しい子犬になってしまいます。生後一ヶ月くらいの子犬が一番可愛い盛りでペットショップにも並んでいますが、社会化はあまりされていないとみたほうがいいでしょう。
犬の一生の性格の根底となる大事な時期です。
親元で兄弟やブリーダーさんたちの愛情をたっぷり貰った子犬を選びましょう。


このページのトップへ↑

迎えるのは休みの日の午前中にしよう!

子犬のお迎えは新しい環境になれる時間が多いほうがよいので
休日の午前中に行くのがベストです。

またお迎えの前日に以下の項目のチェックをすること

①子犬の生活用品の確認
(ベッド、サークル、餌皿、フード、シャンプー、首輪、リード、消臭剤など)

②電気コードや細かい部品など、囓られたり、誤飲の可能性のあるものを予め子犬に届かない所に置いておくこと。


③子犬の飼育書を最低2冊買い、知識をつけておくこと
(血統犬の場合その犬種専門書があると望ましい)

④かかりつけの獣医さんを予め決めておくこと。

いざお迎えしてからあれこれ迷うことがないようにしっかり準備と心構えをしておきましょう!

このページのトップへ↑