トップページ > 柴犬の子犬の探し方 >  ブリーダーから買う

ブリーダーから買う

ブリーダーと一口に言っても沢山のブリーダーがいます。
本当にその犬種を愛し、理解し一頭一頭に愛情を注いで送り出す良ブリーダーもいれば
利益重視で売りっぱなし、トラブルはしらんぷりの悪徳ブリーダーも存在します。

正しい知識とブリーダーを見分けることがこういった利益目的の悪徳ブリーダーを排除することにも繋がるのです

こんなブリーダーから買ってはいけない!

親犬や子犬を商品として扱い、売れればいい・あとから病気などが出ても知らんぷり。
返金保証も勿論ありません。万が一亡くなってしまっても「うちでは元気だった」の一点張り。せっかくやってきた新しい家族が悲しいことにならないためにもしっかりとした知識を持ってください。

以下にあげる項目が一つでも当てはまるブリーダーからは買ってはいけません!


①親犬をみせない
これは親犬の飼育環境が劣悪である可能性があります。
ただの子犬製造マシーンになっている状況はみせられませんよね。
親犬の見学を渋るブリーダーは要注意です
(健康、衛生面の観点で予約で見せるブリーダーもいます)

②やたらと「小振り」を強調する
今何かと「極小犬」「小振りの子犬」が流行っています。
しかし犬には「犬質」というものがあり、代々守られてきたその犬の特性があるのです。
大きさもその一つ。その特性から逸脱した子犬を生産するブリーダーは要注意です

③多犬種繁殖をしているブリーダー
巷で人気の犬種を中心に様々な犬種を繁殖しているブリーダーは要注意
多くても2~3犬種のブリーダーを推奨します。
10犬種以上の繁殖ブリーダーは利益目的の人気犬種生産とみていいでしょう

④ミックス犬生産をしているブリーダー
これも③と同じ理由です。巷でミックス犬が流行だし、売れるからと
犬種同士を交配しているブリーダーです。
本当にその犬種を愛し理解しているブリーダーはそんなことはしません

⑤子犬の社会性が身につく前に売る(売りたがる)
子犬は生後三ヶ月くらいまでは親元で社会性を学ばせるのが大事です。
生後1ヶ月そこそこで親から引き離し売るようなブリーダーは避けましょう。
良心的なブリーダーは三ヶ月以降でないと売りません。

⑥ブリーダー専属の獣医の診断を推奨させる

これは一見して「ブリーダーさんは専属の獣医さんがいるんだ!安心だ!」と
思われるかも知れませんがこれは大きな間違い
専属獣医さんはブリーダーと「何か問題があっても辻褄をあわせるように打ち合わせしている」可能性が大
仮に問題があっても、その獣医さんが問題ないと言ってしまうと押し切られてしまう事があります。
必ずお迎えした日~翌日に予め決めておいたかかりつけの獣医さんから健康診断を受けましょう!


一人一人が正しい知識をもって良いブリーダーを見分けることが
悪徳ブリーダーを減らすことに繋がり、またそういった劣悪な環境で育てられ生まれるかわいそうな子犬たちを減らす事になるのです。

このページのトップへ↑

良いブリーダーとは?

ブリーダーやショップを見るべきポイントは、「母犬や子犬に対して愛情をもって接し、きちんとした設備の元で正しい知識を持っているか」という点に尽きます。

以下が優良ブリーダーの特徴として挙げられます

①年中繁殖をしていない
母体を気遣い、発情の度に繁殖などは絶対しません。
その犬の子供が欲しいと問い合わせても1年待ちなどもありえます
「年中子犬が生まれています」というブリーダーは業者規模でやっているか母犬に無理をさせた繁殖を行っているかです。
②買い手の生活環境や家族構成などを細かくきいてくる

職業や年収、家族構成など細かくきいてくるブリーダーは優良と言えます。
なぜこの犬種を選んだか?その犬にどれくらいの時間を割けるか?などもきかれます。
あなたの答えによっては
「申し訳ありませんがお譲りできません」と言われるかもしれません。
『お金は払うんだからいいじゃないか』と言う買い手もいるでしょう
しかしブリーダーさんも手塩にかけた子たちを一生幸せにしてくれる家庭におくりたいと思うもの。
10年以上の長い時間を共にする家庭、ブリーダーさんはその家庭にふさわしいかどうかを子犬の将来のために見極める権利があるのです。

③ショータイプの犬をありがみがあるように売ったりしない
「この子はショータイプですが特別お宅にゆずりますよ」というブリーダーは要注意。
ショーに出せる犬とそうでない犬とでは、明確な一線が引かれており、ショー用子犬は値段がはるかに高い。3倍~以上するものだ。
したがって「この子はショータイプだから」とありがたみを持たせて高く売りつけるブリーダーは要注意なのである。

④その犬の長所だけでなく短所もきちんと説明してくれる

ちょっとした性格や、ミスカラーであるとかそういう細かい短所もきかれずとも説明してくれるブリーダーは信頼できると言って良い。


⑤設備が清潔であり、在舎犬が健康である。
また、見学の際は両親や祖先犬もきちんとみせてくれる。

これは子犬の将来の姿や性格を想像する上でも大事なこと。
血統書だけでなく、実際の犬もみせてくれるブリーダーは良心的である。

このページのトップへ↑